フォト

コンタクト

自己紹介文

京都の哲学の小道のそばで生まれ育って、結婚して宇治の町に住み始めました。米文学を専攻していたので英米の絵本で大人に英語を教えています。京都のど真ん中の御池で、京町屋の昼ご飯屋を主婦ばかりで始めました。(1996~)京都の家庭料理を作り続けています。楽しい事、美味しい事、大事な事を追いかけて過ごしています。結構たいへん・・・。母校のノートルダムの大学院で、応用英語専攻で「京町家の保存」をテーマに論文作成中です。親の介護とかで中々進みません。孫が一人いますがそのことは 秘密です。
このニフティのサイトには、朝日新聞に2006年連載した店の定番メニューのお料理の作り方を記録して、公開しています。美味しいものの本質は、毎日の暮らしの中にこそ・・・。お茶道楽もきわめております。宇治茶のとんでもない品を直販していたり、蘇州からのお茶を店でお出ししていたり。京番茶ひとつ、真面目に取り組んで店でお出ししています。ご賞味あれ!

興味のあること

京町家の保存、沖縄の海、アジアの料理、お茶、