« 水菜のサラダ | Main | ちらし寿司 »

菜っ葉とお揚げのたいたん

朝日新聞情報誌「あいあいAI京都」3月23日掲載分

体の調子を整える何よりの薬がおうちのご飯。
派手なご馳走やのうて、普通のおかずやと思います。
ビタミンやらミネラルやら難しい事いうてるより例えば「菜っ葉のたいたん」

その時期の採りたての菜っ葉と厚みのある京都のお揚げさんが美味しく体にいいお菜になってくれます。
からし菜、シロ菜、畑菜、小松菜、どれでも好みの菜っ葉が手に入ったら作ってください。
お水は使わず、菜っ葉からの水分で炊きます。
光泉洞でお出しするのんは、小松菜と揚げの炒め煮。煮びたしとも呼ぶおばんざいの定番です。

小松菜は三センチぐらいに切る。揚げもふたつにわたして同じくらいにきざんでおきます。
鍋を温めてサラダ油とごま油を少し入れます。
そこへ、まず菜っ葉を入れて炒め、しんなりしたら油揚げを加えて炒めてゆきます。
酒と醤油で味を付け、好みでみりんを少したらします。
しばらく蓋をして仕上がりです。

コツは短時間で仕上げる事。菜っ葉から出る水気で炊き上げるようにして菜っ葉のもっているお味をひきだします。
たんぱく質も脂分も繊維質もなにもかも揃ったおかずの出来上がりです。
ベジタリアン・・と宣言しなくても畑のものばかりで地味ですが美味しい結構な一鉢です。

使う菜っ葉が変わると味も違って、そのお家、お家の好みの菜っ葉を使ってもろたら、
そのお家らしいおかずになってくれます。みりんの使いよう、ごま油とサラダ油のバランス、
そこに作り手のそれこそ塩梅が効く簡単で奥深いお料理やと思います。

できるだけ採りたての菜っ葉をつこうてください。
ひませになったものはさけて、菜っ葉を洗った時の水気もざるに上げて簡単に水切りすること。

材料メモ4人分
小松菜一束(300グラム)
京揚げ大一枚
サラダ油ごま油少々
醤油大匙2杯
酒大匙2杯
みりん少々

|

« 水菜のサラダ | Main | ちらし寿司 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92543/3451235

Listed below are links to weblogs that reference 菜っ葉とお揚げのたいたん:

« 水菜のサラダ | Main | ちらし寿司 »