« 寿美ふうポテトコロッケ | Main | タルタルソース »

栂尾煮

yun_8172
「栂尾煮」 7月27日掲載
なんで、サツマイモのたいたんを栂尾煮ていうのんか考えてみたんです。おいもさんの皮の赤と中の黄色が紅葉の色みたいにきれいやしかもしれしません。
栂尾の紅葉は京都の中でも色が綺麗で有名です。お芋も秋にお味が深くなるし。そやけど色ではこの夏の新芋が皮も実もきれいです。細いお芋さんが店にならんだら夏の盛りで、祇園祭がすんで、枝豆と一緒に夕ごはんのお膳によう乗ってました。甘いお味の一品は暑いときに口にやさしいて、お箸がすすみます。光泉洞では、一年中、お料理に合わせてよう作る小鉢です。

栂尾ていうたら、高山寺があって、明恵上人のゆかりの土地です。明恵さんの茶畑が今でもあって、うちの店のお茶漬けの玉露とご縁のある場所です。宇治から畑の世話に吉田銘茶園がかよてはります。緑茶もお芋も夏の体の調子を整えてくれる地味やけど大事な食材です。

お芋は太さにあわせて2~3センチに切って塩水につける。水をきってお鍋にいれ、かぶるくらいの水をいれて煮はじめる。その時、お酒で旨みをお砂糖で甘味をつけ弱火でゆっくりと煮てゆく。最後にお醤油を少しいれて味を落ち着かせて煮ふくめる。もうひとつ、同じ作り方ですけど、お醤油の替わりに、お塩少しとバターを大匙一杯ほどおとします。こちらはちょっと洋風で若い人に向いてます。和風のグラッセいうとこでしょうか?くちなしの実があったらひとつ入れて煮やはったらきれいな黄色にあがります。どちらにしても煮ふくめるので弱火でくっつりと煮てくれはるように。
yun_3491

材料メモ4人前
サツマイモ細いの3本
水カップ2
砂糖大匙4杯
薄口醤油大匙1杯
日本酒少々

|

« 寿美ふうポテトコロッケ | Main | タルタルソース »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92543/5244648

Listed below are links to weblogs that reference 栂尾煮:

» 高山寺は恋に疲れた女がひとり [京・壺螺暮]
京都 栂尾 高山寺 恋に疲れた 女が一人 大島紬に つづれの帯が 影を落とした 石畳… 永六輔氏作詞の「女ひとり」デュークエイセスが歌ってヒットしたのは 調べると1966年だとか…。京都を唄った歌で今もなお歌い継がれています。詩の2番目が栂尾・高山寺なん... [Read More]

Tracked on August 11, 2005 at 09:44 PM

« 寿美ふうポテトコロッケ | Main | タルタルソース »