« 鶏のつくねバーグ | Main | サバの味噌煮 »

残り素麺のおぞよ汁

momiji
9月14日掲載分
時々、「おばんざい」いう言葉について考えます。
普段晩御飯のおかずをそう呼んでたんかどうか?
思い出すにつれ「おぞよ」とオカズの中の地味なものを呼んだように思います。数合わせの残り物で作ったお菜のこと。

夏が終わりますとお素麺が残らしませんやろか。古くなっても大丈夫ですけどやっぱり早めに片付けてしまいとうなります。無駄をしない普段の暮らしを大切にできますし、残りもんのにゅうめんは、いろんな食材が合わさって美味しい一椀になります。

お素麺は細くて上等なものほど珍重されます。ただ、私は四国の太目のもんが好きです。このあたりは好みで、意外と産地によっていろいろで、播州と三輪のもん、小豆島のもんと全部違います。一回産地を調べてみてください。包みにちゃんと書いたあります。

家にあるもんを使こてにゅうめんにしていただきます。実だくさんにしておかはったらおにぎりと煮豆にお漬けもんぐらいで、ちょっとしたご飯になってくれます。
それでは、作り方。鶏肉はそぎ切り、魚介類は一口大で下茹で、玉子は焼いて一口大または錦糸。根菜はゆでて薄切り。菜っ葉はさっと茹でて3センチ。練り物(かまぼこ、はんぺん、竹輪)薄切り。乾物はもどして薄味で煮ておく。これらの内から数種えらんで椀種にする。そうめんはたっぶりの湯で固めに茹でて水にさらしザルに上げる。お椀に素麺を入れ上に種をのせ、熱々のお汁をはる。必ず吸い口に三つ葉のコマゴマや柚子を一切れ。素麺は好みで温めなおす。お汁を濁らさない事。

材料メモ(5人前・一例)
素麺2~3束
薄焼き玉子
花麩(もどす)
干し椎茸旨煮薄切り
三つ葉少々
昆布とカツオのお出汁5合
塩小匙1杯
薄口醤油小匙1杯

|

« 鶏のつくねバーグ | Main | サバの味噌煮 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92543/6014545

Listed below are links to weblogs that reference 残り素麺のおぞよ汁:

» 季節のあいさつ文 7月【7月の季節のあいさつ文例集】 [季節のあいさつ文 7月@7月の季節のあいさつ文例集]
突然のTB失礼します。 手紙に関するブログを新しくオープンいたしました。 もしよろしければ遊びに来ていただけると幸いです。 それでは、失礼いたしました。 [Read More]

Tracked on May 10, 2007 at 11:57 PM

« 鶏のつくねバーグ | Main | サバの味噌煮 »