« 茄子とインゲンのゴマよごし | Main | 鶏のつくねバーグ »

レンコンの挟み揚げ

「レンコンのはさみ揚げ」  2005年8月24日掲載分ohana1hasu

光泉洞は、毎日メニューが替わりますさかい、常連さんは好きなメニューの日を結構楽しみにしてくれはります。
このお品はファンが何人かいてはります。手のかかるお品で、揚げるのも早くあがって気がぬけへんのであんまり混まへん日にむいてます。そやけどお店では、そうとばっかしも言うてられへんのでお客さんが多いとキッチンがてんてこ舞いの大騒ぎになったりするメニューです。

海老をつぶしてあんを作りレンコンに挟んで片栗をつけて揚げる。それだけのことなんやけど、家で作った海老のあんは、そら美味しいですえ。餃子でも冷凍したあんは香りがあらしません。いつも来てくれてはるお客さんはそのあたりをよう知ってはって町なかのお昼にこのお品をあてにして、暑い時も雨の時も歩いてきてくれはるんやと思てます。

海老は皮をむき、尻尾も背わたもできるだけ取る。まな板の上で1センチくらいに切ってから次に細かくたたくように切る。ボールに入れ塩ひとつまみと酒を加え手で練る。白ねぎ、青ジソを加えてよく混ぜる。粘りがでればよいが、ねばりが足りない時は片栗粉でおぎなう。
レンコンは皮をむき水につける。5ミリくらいに輪切りしてキッチンペーパーにのせる。小匙2杯ぐらいの海老のあんをレンコン2枚ではさむ。片栗粉を薄くつけて180度の油でカリッと揚げる。

からし醤油か、それに酢を足したものを添えて供する。珍しく時不問(ときしらず)、季節問わずのお品やないやろか。
材料メモ(2人前)
レンコン一ふし
海老むいて100グラム位
青ジソ5枚
白ねぎ5センチ
片栗粉、日本酒、油

|

« 茄子とインゲンのゴマよごし | Main | 鶏のつくねバーグ »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92543/5797203

Listed below are links to weblogs that reference レンコンの挟み揚げ:

« 茄子とインゲンのゴマよごし | Main | 鶏のつくねバーグ »