« November 2005 | Main | January 2006 »

お正月のごまめ

106-0611_IMG
年末掲載分
「お正月のごまめ」
暮れもおしせまってくると、それこそ百花繚乱のお節がテイクアウトで町にあふれます。
自分でつくらはらへんでも、お祝いを寿ぐお料理が並んでて、日本のお正月は浮き浮きと華やかやねぇ。そやけど、形ばかりのお節はお味が濃くてあんまり美味しいことないんやないでしょうか?
なにはなくても、ごまめ、黒豆、数の子ぐらいは、お家で用意して美味しいものを召し上がってください。
三肴というて、お正月のお祝いの一番上のお重に入ってお屠蘇にそえて、供するもんです。これだけ三つ用意しやはったら、後は家族の好きなメニューを並べてくれはってもお正月らしいにお膳ができあがりますやろう思います。ごまめは田作り、数の子は子だくさん、黒豆はまめまめしく働けるようにという日本らしい質素で真面目なおまじないみたいなお料理3つです。新年を古風なおまじないで始めるのんもええんちがいますか。

さて、それでは、田作りの作り方。
ごまめはできるだけ小さくてピカッとひかったもん選びます。お手間やけど1匹ずつ頭と尻尾は落とさんように苦味のある腹を取ります。赤い唐からしを1本、丁寧に薄い輪切りに種はとって、はさみで切っておく。自宅で切った唐からしは良くきくので好みによってへらす。腹を取ったごまめを厚手の鍋(私は中華なべ、寿美さんはホットプレート)を使い弱火でゆっくり乾かすつもりでいる。酒水にザラメを加え火にかけ、溶けたら醤油を加え煮詰める。半分くらいに煮詰まったら、いったごまめと唐辛子に加えてかき混ぜて仕上げる。出来上がりは飴がからんだ感じでサラッとしてパリッとしたら大成功。ごまめが温いうちに混ぜるのんがこつ。

材料
ごまめ100グラム
唐からし一本
酒水カップ4分の一
ザラメ大匙一
醤油大匙一

| | TrackBack (1)

« November 2005 | Main | January 2006 »