« お正月のごまめ | Main | きずしの野菜あえ »

白ミソのうずみ豆腐

2006年1月18日掲載分
「白味噌のおつゆ」
この大和の国は発酵文化やといわれて、お味噌やお醤油がお料理の基本です。
それに、乾物という保存食がこの国の料理のもと。
お昆布や出しじゃこ、カツオの削りぶしでお出汁(外国のスープストックやねぇ)をとって、それに味をつけておつゆのお椀が出来上がるんです。

塩と少しの薄口醤油でおすましができて、お味噌を溶いてお味噌汁ができます。お味噌はお一人前梅干の大きさぐらいが標準やと思てください。濃い目がお好きやったら大きな梅干、薄めがよかったら小さな梅干いうとこです。光泉洞の味噌田楽はしろ味噌とちごて八丁味噌で作ってますけど、京都の白味噌は冬にはそら美味しいお味噌やと思います。
東京育ちの家のもんは甘くて気持ち悪いといいはるんですけど、冬のお豆腐のお味噌汁は白味噌仕立てが一番やと思います。

ちょっとしゃれてまずお豆腐をよそって上にご飯を乗せて上から少なめにお汁をはって「うずみ豆腐」のお味噌汁もそらお勧めです。白味噌と京都の柔らかいお豆腐と白ご飯が一緒になってふんわりと冬らしいお味になります。おネギを散らして溶きからしを少し上にのせて出来上がりいうとこです。こおいうお汁はできたら輪島あたりのお椀でフタもちゃんついたんでお出ししたいもんです。

今風の白い陶器の並んだテーブルに漆器のお椀やら取り皿がちょっと加わると食卓が柔らこうなります。そういうたら陶器はチャイナいうて、漆器はジャパンていうんやなかったやろか?大和の国も大切にしたいもんです。お正月の白味噌があるうちに作っておくれやす。

材料(4人前)
だし汁カップ3
白味噌適宜
豆腐1丁
ご飯適宜
青ネギ、溶き辛子適宜

|

« お正月のごまめ | Main | きずしの野菜あえ »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92543/8195233

Listed below are links to weblogs that reference 白ミソのうずみ豆腐:

« お正月のごまめ | Main | きずしの野菜あえ »