« March 2006 | Main | May 2006 »

スパゲッティ和風味サラダ

スバゲッティ和風味サラダ 4月19日掲載分Tograshi


スパゲッティは、何十年もイタリアのブイトーニばっかり家ではつこてました。
バジルは手にはいらへんさかいに青ジソを千切りにして唐辛子の輪切りとバターと塩コショウでつくるんです。日本でいうとこの素うどん。そやけどおうどん屋さんのメニューに、もう今は「素うどん」あらへんかもしれません。そのかわり、イタリアのスパゲッティのほうはいろんな太さとメーカーが並ぶようになりました。買いはる時にソースの種類と麺の太さの事をちょっと考えてくれはったらお料理の腕があがります。

店では小鉢にスパゲティサラダを作ります。サラダの時は細めです。おうどんやらおそばと違うて茹で上げた時に水でしめません。油かバターでまぶします。
では作り方。

スパゲッティは半分の長さに折っておく。たっぷりのお湯にちょっと多い目の塩を入れ充分煮上がったところへスパゲッティをパラパラと入れゆがく。ざるに取り水気を切り茹でた空の鍋にもどしサラダ油大匙1杯をいれよくまぜる。シメジは石づきを取りバラバラにほぐしておく。ピーマンは縦に切り種とワタをとり横に1センチの幅で切る。たまねぎは薄切り。フライパンを暖めて油を流れるくらい取り野菜を全部いれて炒めて塩コショウする。あらかた炒めたところでスパゲティを加えもう一度軽く塩コショウし、仕上げに濃い口醤油大匙2杯を回しいれて手早く混ぜあげて火を止める。

光泉洞ではサラダ油を使いますけど、もちろんオリーヴ油のバージンオイルなどでも。ただ、オリーブ油は結構くせがあります。

材料メモ(4人前)
スパゲッティ200グラム
しめじ 大1パック
ピーマン4個
玉ネギ半個
塩コショウ・サラダ油適宜

| | TrackBack (1)

桜のケーキ

桜のケーキ 4月3日掲載分
060411nishijin41


桜の御菓子の桜もちは、桜の葉の塩漬けで包んであって、なんともいえへん香りがあります。
道明寺粉がうっすら桜色にそめてあったり白いままやったり、お江戸のんは、なんやらクレープの厚いのんに餡子がくるんであったり。
この桜の季節、光泉洞のデザートのパウンドケーキも「桜」が焼きあがってくるんです。ケーキの英子さんのお手製で、紅こうじで色づけするパウンドケーキの作り方を今日はご紹介します。

21センチ×8センチ×6センチの型を用意してください。
バターは室温にもどす。粉類はあわせてふるっておく。この時紅こうじの粉も一緒にしてふるいにかける。粉をふるう時は空気をふくませる気持ちで高めの位置から。桜の花と葉の塩漬けは塩抜きをして細かく刻んでおく。玉子は白身を切るようにして黄身とほぐして混ぜる。まず、バターをふんわりとなるまですり混ぜ、砂糖をくわえ白っぽくなるまで混ぜてゆく。そこへ玉子を少しずつ加えまぜる。粉類を加え、さっくりと練らないように混ぜ合わせる。桜の花と葉のコマゴマを加え、牛乳を加えてまとめる。
ぬらして、バターを塗り粉をふった型に流しいれ、190度のオーブンで30分から40分焼く。オーブンは料理にとりかかる始めに火を入れ庫内の温度を十分高く安定させておく。玉子の入ったものを焼く時は玉子をびっくりさせるつもりでスタートするときれいに焼きあがる。

パウンド型1個分
無塩バター100グラム
薄力粉120グラム
ベーキングパウダー小匙1
紅こうじ7グラム(製菓用)
玉子2個
砂糖100グラム
牛乳大匙
桜の花の塩漬け40グラム
葉の塩漬け2枚

060407kurodani21

| | TrackBack (0)

« March 2006 | Main | May 2006 »