« April 2006 | Main | January 2007 »

かぼちゃのお煮付け

2006年5月17日掲載分Dsc00285

おそうざい定番の南瓜のお煮付けはお鍋でたいてる時に水気を吸うくらいの南瓜が美味しいていいます。
近ごろはあんまり水くさい南瓜に出会う事がのうなりました。南瓜の料理をする時はくれぐれも包丁を入れる時に気をつけてください。滑って危ない事がおおいんです。

南瓜は料理の幅の大きい材料で、バターやお砂糖をいれてたいたらグラッセになります。お砂糖と醤油でたいたら和風のお煮付け。麺料理のお汁に南瓜をいれてトロミを出す事もあります。パンプキンパイはアメリカの家庭料理。光泉洞の南瓜のお煮つけは、カツオと昆布でとった和風のだしで煮付けます。ほっこりとするおいしい京都の品のよいお煮付けに南瓜が化けてくれはります。

それでは作り方。南瓜のワタはスプーンできれいに取り除く。皮の表を所々に柄をつけるようにむいておく。皮むき器を使われる事をおすすめします。一切れが3センチ角になるくらいに切り分ける。すべるのでくれぐれも気をつけて。ざるにとりざっと水洗いしておく。鍋にだしと南瓜をいれ煮はじめる。火は中火でふたを少しずらして煮る。南瓜の色があざやかになり少し透明感がでてきたら酒、砂糖を加える。火を弱め、コトコトと5分ほど煮る。そこへ薄口醤油を加えてコトコト3分ほど煮て仕上げる。南瓜によって汁気をとても良く吸うので、汁気の様子に気をつけながら煮る事。火をとめてそのまま汁の中につけておいて味を落ち着かせる。鉢に盛って供する。

一鉢分
えびす南瓜 4分の1個
だし 2カップ
酒 大匙3
砂糖 大匙4
薄口醤油 大匙2

| | TrackBack (1)

炒飯のスープ

あいあい くらし 4月26日掲載分

「炒飯のスープ」
お冷ごはんがあるとお雑炊や炒飯、チキンライスを作ったもんです。特に土曜日や日曜日のお昼。育ち盛りの子供達はよう食べて食べて。中華なべで炒飯を2人前、同時にラーメンを2人前キッチンで作った日々はもう本当に昔になってしもうて、もどってきいしません。

炒飯やチキンライスにちょっとの手間で作れるスープを。
炒飯を作る時にきざむ葱を少し取り分けておいてください。こどもさんに教えて作らしてくれはったら小学生が作れる一つ目のお料理になりますやん。親ごさんが立ってはる台所の横で作るのん簡単で楽しいです。魔法みたいに簡単なスープです。

お椀に刻んだ葱を小さじ1杯いれて、そこへゴマ油を小さじ3分の一杯。お醤油を小さじ1杯、化学調味料を少し振りこんでもろて、熱湯をそそぎます。この熱湯は、ポットの95度でええんですけど、一番危ないとこやので、子供さんの年によっては親ごさんがしてあげてください。これで、美味しい中華風のスープができます。

辛いのんが好きやった子はラー油をゴマ油の代わりに使こたりしてましたけど、熱いスープはむせるほど辛くなってしまうのでお勧めはようしません。これは有名な中華の料理人さんのお父さんのレシピです。昔に随筆みたいなのんで読んでそれ以来、便利で作り続けてるスープです。このスープを喜んでくれた子供たちは手元を離れてしまいましたが、料理も食べる事も好きでいてます。自分のご飯は自分で整えるこどもに育ってくれましたけど、たまぁに大急ぎで炒飯とスープを作ってたあの頃がほんまに懐かしいなぁと思うんです。時間はもどらしませんのやけど。

材料メモ(1人前)
刻み葱 小さじ1杯
醤油小さじ半杯
化学調味料少々
ごま油小さじ3分1

PS. あえて、お湯の量は書いていません。
  紅茶のカップ1杯作った材料です。
  お家の分量で上を目安に加減してください。

| | TrackBack (1)

« April 2006 | Main | January 2007 »