« 巻きキャベツのゴマ酢 | Main | 鱧皮ときゅうりの酢の物 »

和風とんかつ

朝日掲載5月31日分
このごろデパートの地下へゆくと珍しい揚げものをいっぱい売ってはります。
まるで花畑みたいで、コーンフレークスをパン粉の代わりにしてあったり料理のヒントにあふれてます。見て歩くだけでも楽しい事です。

揚げ物の代表はなんていうても豚カツ。
わたしとこで作る和風豚カツは揚げ物と煮物の間で二つの料理の美味しさも楽しんでもらえる不思議な豚カツです。キャベツを煮るひと手間でやさしいお味にしあがります。

豚をカツ用に準備をしておく。塩コショウを軽くして小麦粉をまぶして卵の溶いたものを通してパン粉をしっかりとつける。ここまでは料理の最初にしておきます。キャベツを千切りにして下ゆでする。さっと茹でてざるに上げて水気をきる。大き目の鍋に、だし、みりん、醤油をとり煮たててそこへ茹でたキャベツをいれ少し煮る。煮キャベツが用意できたら、鍋に多目の油を200度に熱して、カツを作る。

揚げるときには最後にこころもち火を強めてカリっと仕上げるが、揚げすぎないように。
余分な油をきり、食べやすい大きさに切って一人前ずつ皿にのせ、煮たキャベツをこんもりと上に盛る。
薄めのかつを小さく切れば、介護中の方にも食べやすい。あたたかい出汁もはって、練りカラシを皿のふちに添える。揚げたての豚カツの香ばしさに煮キャベツの優しい味を加えあつあつを供する。

<材料2人分
豚カツ用豚肉2枚
小麦粉、パン粉適宜
卵1個
揚げ油
キャベツ4分1個
和風だし2カップ
ミリン大匙3杯
醤油大匙3杯
洋からし少々

|

« 巻きキャベツのゴマ酢 | Main | 鱧皮ときゅうりの酢の物 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92543/13631239

Listed below are links to weblogs that reference 和風とんかつ:

« 巻きキャベツのゴマ酢 | Main | 鱧皮ときゅうりの酢の物 »